美容クリニックでエラ削り手術を受けて理想の輪郭を手に入れましょう

美容クリニックでエラ削り手術を受けて理想の輪郭を手に入れましょう

エラ削りの手術後に痛みはある?必要なアフターケアは?

喜ぶ女性

エラ削りは、顔の骨を切ったり削り取ったりする施術ですが、他の美容手術と比較してどのくらいの痛みがあるのでしょうか。まずエラ削りの手術中ですが、麻酔科の医師立ち合いのもと全身麻酔を行ってから手術に入りますので、術中に痛みを感じるようなことはほとんどありません。また、手術が終了し、全身麻酔が切れたあとに関しても、それほど強い痛みを訴える方は少ないようです。これには理由があり、皮膚と異なり骨自体には神経が通っておらず、骨からの痛みというのはほとんど感じることはないからだそうです。もちろん個人はありますが、術後に顔の骨が痛んで食べ物を食べることができなかったり、話すことができないほどの痛みを訴える方はほとんどおらず、過半数以上の方が日帰り手術で即日退院されるようです。次にアフターケアに関してですが、大多数の美容外科では術後3回の通院を推奨しており、通院の際になにか異常や痛みが生じていないかなど、カウンセリングにて相談することができます。鼻のプロテーゼやL字型プラント、豊胸手術等の体に異物を入れる手術をした場合は定期的にメンテナンスが必要ですが、エラ削りは体に異物を入れることはないので、特別なメンテナンスは不要です。